top of page
検索
  • b904fe

日本MOT学会にてNoCodeに関する論文発表を行いました

2022年3月19日(土)に日本MOT学会様の 「若者が構想するデジタル田園都市とは? SDGs×DX」というトピックに参加させて頂きました。


弊社(Regional Innovations株式会社)代表が「早期 IT人材育成に NoCodeがもたらす効果」というテーマで発表させて頂きました。


研究概要を下記に示しております。

 近年、日本の重要な問題として、「IT 人材不足」が挙げられる。2025 年までに最大約 43 万人の IT 人材不足が起こると言われており、2025 ~ 2030 年の間に年間約 12 兆円の損 失が出るとされている。そこで、本研究では近年注目されている新技術「NoCode」を用 いて、早期 IT 人材育成の可能性を主観(アンケート)から評価し、検討しました。  主観評価の結果、ソフトウェア開発(アプリ、WEBサービス開発)を1度も経験したことが無い方がNoCodeを2時間体験した後には、ソフトウェア開発を自分でも出来る様になったと感じたと16人中15人(93%)が回答されておりました。


発表論文詳細はこちらから

日本MOT学会予稿論文2201_吉永直樹
.pdf
ダウンロード:PDF • 438KB

NoCodeに関する論文発表としては、本発表が日本2件目の発表で、先行研究が非常に少なかかったため、作成に苦戦しました。


弊社は今後も誰もがソフトウェア開発を可能な社会の創出を目指し、事業展開・研究開発を行って参ります。


今後とも弊社を宜しくお願い致します。


執筆者

Regional Innovations株式会社

代表取締役 吉永 直樹

閲覧数:66回0件のコメント

最新記事

すべて表示

不易の会様に講師としてお呼び頂きました

不易の会様に講師としてお呼び頂いたことをご報告させて頂く、記事となっております。 今後もプログラミング言語に苦手意識のある方や諦めてしまった方にNoCodeの可能性・楽しさを感じて頂き、プログラミングを好きと思って頂けるように日々、頑張って参ります。

Comments


bottom of page